● The Eight Sacred Rooms – 8つの聖なる部屋へようこそ2016-11-16T07:28:31+00:00

8つの聖なる部屋へようこそ

自分自身で人生を創造し、癒し、成長させる人のために、聖なる部屋を創ります。ザ・グループとのチャネリングからインスピレーションを得て創った部屋です。ようこそ「聖なる部屋」へ。

はじめに

この8つ聖なる部屋は、最大限に有効に活用してもらえるように設定してあります。皆さんご自身でお好きなように使用されても構いませんし、次のような私たちの提案を受け入れていただくのもよいでしょう。

* espavo.orgではアルファベットによる書き込みができますが、こちらのサイトでは出来ませんのでご了承ください。

1. 第1の部屋では、まず創造したいこと、叶えたいことを丁寧に宣言します。願ったことを受け取ることになるので十分気をつけましょう。そして翌日再びそれを読み、それで良いと感じるかどうか吟味します。何か不十分と感じたら、言い換えて再度投稿してみましょう。必要に応じて、自分の心が納得するまで何度も繰り返してみましょう。大丈夫だと思ったら、次の部屋に進みます。

2.  8つの部屋はそれぞれ順番に進んでください。各部屋に該当する始めたいこと、創りあげたいことを見つけて書いてください。ただ、その部屋の話題や提案が自分の状況にはあてはまらないと感じたら、単に書くだけにして翌日再度読んでみます。書くのは自分のためであって、他人のために書く訳ではありません。これはあなたと宇宙との関係なのです。

3.  常識を使い、ここの目的は、皆さんすべてが自分自身を癒すための居心地よい空間を創ることだということを覚えておいてください。ここは討論の場ではありません。この部屋に提示されていることに対して、決して反応しないでください。他の人の発言に対してコメントしたいとか助けたい場合、メールアドレスをもらった場合には直接コンタクトしてください。コンタクトされたくない場合にはメールアドレスを残さぬようお願いします。

4.  スペルチェッカー機能はないので、ご自分のPCで作成してからカット&ペーストすると良いでしょう。残念ながら、技術的に段落区切りの機能がありません。そのため、掲載内容は段落なしで読める程度の長さに収めたほうがよいと思います。HTMLコードは認識されません。写真やスクリプト言語は掲載しないようお願いします。

5.  著作権のあるものは、著者の承諾を得ずに掲載しないでください。

6.  最短8日間位で人生の向上がみられることもありますが、これは競争ではありません。1つだけポイントを覚えていてください。旅を楽しむことのほうが、目的地に着くことよりも大切です。それではお楽しみください。

1. 創造の部屋

宣言するための聖なる部屋へようこそ

すべてはここから始めます:

ここはまさに5次元を実現している空間です。この部屋は3次元空間に比べてタイムラグが非常に短く、思考がとても速く現実になります。

1.まずここで創造したい事を投稿することから始めます。これは他人のために書くのではなく、あなたと宇宙との関係です。

2.翌日もしくはいつでもよいので書いたことを見直します。大丈夫だと感じたら次の部屋に進みます。満足いかなければ納得するまで提示し直します。そして翌日また見直します。

3.他の人の投稿した創造の願いにも目を通し、無条件の愛のエネルギーを送ります。ここですべての創造が開始されるということを尊重してください。他の方からフィードバックやコメントをもらいたい場合には掲示する際にメールアドレスを記載し、直接ご自分に届くようにしてもらってください。ここには返信を記載しないようお願いします。ここはディスカッションルームではないので、他の方の投稿に関するコメントは控えていただければ幸いです。

1つだけ注意事項があります。願ったことを受け入れる準備をしましょう。自分の創造したい事や、現実が気に入らない場合にはいつでもここに戻って、やり直してください。

ミラクルを期待していてください。私たちはその実現を手助けします。

 

2. 恐れの部屋

恐れの部屋へようこそ。ザ・グループは、恐れというのは単に情報不足に過ぎないと言います。まずは足りない情報を特定することで、恐れを突き詰めてみましょう。最終的にその情報が分からない場合には,仮定のことでも結構です。

ここでは、創造したい事の実現を妨げている「恐れ」を特定してみましょう。それを特定したら、不足している情報を補いましょう。

自分が創造したい事の足を引っ張る可能性がある恐怖を容赦なく特定してみましょう。よくあるのは、「成功への恐れ」のようなものを見落としていることです。

ここでは恐れていることを投稿して、翌日見直してみましょう。大丈夫だと感じたら、次の部屋に進みます。

 

3. 許しの部屋

人は間違え、神はそれを許す

ザ・グループは、許すということは、将来の自分に贈り物を与えることだと言います。自分自身のエネルギーをクリアにし、前もって自分自身に与えることで、将来のエネルギーを整えられるのです。なので、「for-give(進んで与える)なのです。

憤りの気持ちを抱くというのは毒を飲んだり、人が死ぬのを待ったりするようなもので、自分自身のエネルギーが消耗してしまいます。

今、自分に憤りの気持ちがあるとしたらそれをここで注意深く見つめてみましょう。または、もっと許せることがないかを細かく見直してみましょう。他の人や自分を許すという問題です。自分が実現したい事と直接関係ないと思われるかもしれませんが、非常に気分がいいことがあっても、憤りがあることで知らず、知らずエネルギーを奪われるかもしれません。

ここでは許しに関することを書いてみましょう。書き出して手放し、自分なりの方法で試してみましょう。ここに戻ったときに大丈夫だと感じたら、次の部屋に進みましょう。ここでは時間をかけましょう。それが大切です。

 

4. 癒しの部屋

ここは他の人が癒され、自分自身を変えるのに、十分心地よいと感じるための聖なる空間です。ザ・グループによれば、今は癒しが必要です。新たなエネルギーを広げるための12の心得(「光を広げる」:http://www.lightworker-japan.jp/index.php?categoryid=56)では、癒しのことや、新生地球のより高い波動を広げることを説いています。

ここでは、個人ベースで、肉体、感情体、スピリチュアル体(ボディ)でのヒーリングを経験する場を提供したいと思います。他の人からエネルギーを送ってもらいたい場合や、ご自身のヒーリングに加わってもらいたい場合には、そうしたリクエストを最初の部分に書いてください。他の人から連絡してもらいたい場合にはメールアドレスも加えましょう。連絡してもらいたい場合でも、自分自身の力を保持していてください。自分を癒すことができるのは自分自身であって、他の人がそれをすることはできません。その過程で愛のあるファシリテーターは変化を促進します(治すのではありません)。ここは自分自身の癒しの力を試してみる場です。奇跡は日常的に起こります。それを実現してみませんか?ここに書くにしても、読むにしても、ちょっと時間をとって、他の癒しを求める人が書いている直近の投稿を読んで、考えてあげてみてください。その人が特にエネルギーやヒーリングを望んでいない場合にはその希望を尊重してあげてください。ヒーリングというのはすべてリクエストされてから応じるものですので。

昨今、より多くの人がヒーラーとして目覚めつつあり、5次元ではより多くの人がヒーリングを求めていきます。ここはヒーラーが自分自身を癒すための場所です。マスターヒーラー達の皆さん、目覚めてください。

 

5. 責任の部屋

ザ・グループによれば、自分の力のバランスを取るには責任が必要です。簡単に言えば、自分の力を増大させたかったら、責任のレベルを引き上げることです。ここは、自分の現実の総ての部分に対してフルに責任を持つ機会となります。ザ・グループは、私たちはみな、ヒーローと犠牲者を演じてきたと言います。私たちは、一度くらいはすべての役を演じてきました。

ここには犠牲者はいません。今日あなたがいる場所からスタートしましょう。書き込みをする際の責任を引き受けて、あなた自身の力を手にしましょう。翌日戻ってみて、大丈夫だと感じたら、次に進みましょう。そうでない場合には気が済むまで毎日取り組んでみましょう。

ここであなたは自分の本当の力を発揮します。

「責任~力のバランス」というチャネルは200153日にオーストリア・ウィーンの国連においてライブチャネリングで発表された内容です。ザ・グループの2冊目の本「お帰りなさい~新生地球」(Lightworker Publications)の中にも掲載されています。

6. 行動の部屋

創造したい事をいつ始めますか、いつゴーサインを出しますか?ザ・グループは、その線引きというのは私たちの現実を分断しているのと同じラインだと言います。簡単に言えば、それがベールのあなた側にあることならば、それはあなたの問題です。あなたが創造したい事を実現するのに何か関係することがあるのならばそれに取り組んでみましょう。おわかりのようにこれは容易いことではありません。創造の部屋から始めて、ここまで辿り着けた件数を見てみましょう。まずはこの部屋まで辿り着けたことをお祝いしましょう。魔法はこの中にあるのです。

行動に移し、次の段階へと実現したい事を進めるには大切な行動がもう1つあります。信じることです。行動に移したら、結果への執着を捨て、手放してしまうことが大事です。

この6番目の聖なる部屋では、叶えたい願いや、人生を変えるための具体的な行動をリストアップしてみることを勧めます。行動の持続にコミットする一方で、リストが完成したら次の部屋に行ってください。ここに掲げたことが完成したと感じた時には、あなたは日々の生活で行動し始めているので、次の部屋に移ってください。

 

7. ユーモアの部屋

天使が飛べる唯一の理由は、物事を深刻に受けとめないからです。ザ・グループによれば、ユーモアは天使の自然な見方だそうです。新生地球でヒューマンエンジェルになろうとする時には、自分のフィールドに入ってくるすべてのことをユーモアの視点で捉える見方を学んでいくことになるでしょう。どんな場合でも、エネルギーのバランスを取る一番簡単な方法は、それについて笑う方法を見出すことです。

Plurkという言葉はPlay(遊ぶ)Work(働く)を合わせた造語です。

この場では、これまでのあなたの人生にユーモアを感じてみて欲しいと思います。笑いが生まれれば、エネルギーはバランスが取れ、次の部屋へと移る時がきます。

 

8. 受け入れの部屋

あなたはついに最後の聖なる部屋に入りました。

素直に受け取るということが1つの姿勢です。ライトワーカーの多くにとってエネルギーを与えたり、行動に移したりすることは難しくないでしょう。願い事という形でエネルギーが戻ってきたとき、多くの人はそれをどうやって受け取ってよいのかに慣れていません。上手に受け取ることは後天的に備えられることです。

ここではすべての願いを何らかの形で素直に受け取ることを書面に記してほしいと思います。魔法が起こるのを見ていてください。

すべて話尽くし、やり尽くした後、あなたの人生に起こった結果を見てみてください。そしてこの部屋に戻り、そのこともまた書き込んでください。

これであなたは5次元空間の8つの聖なる願い事の部屋の総てのプロセスを終了しました。

お帰りなさい。

[/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]